SEOによる集客は内部構成と被リンクの2つが大事

PR|大阪で開催されるwebマーケティング研修はこちら|

インターネットで最もメジャーな集客方法といえば、SEOだと思います。

SEOとは検索エンジン最適化のことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで特定のキーワードで上位表示することで、そこから集客するというもの。今さら説明するまでもないことかもしれません。

日本では検索エンジンのシェアはYahoo!がGoogleを上回っているようですが、世界的に見るとGoogleが上です。

しかしYahoo!ジャパンはGoogleのシステムを採用しているので、検索結果はGoogleと同じであり、SEOをおこなうというのはGoogle対策をおこなうという意味になります。

Googleで上位表示を達成するには、いくつもの評価項目について対策をおこなわなくてはいけませんが、とりわけ重要とされているのがサイト内部の構成と、被リンク施策です。

ユーザビリティに配慮して、下層ページまで数クリックでたどりつける状態、そしてサイト全体から目的のページを見つけやすい内部構造を構築することが肝要です。

被リンク施策については、SNSを利用し、いわゆる「バズ」を起こして多くの被リンクを獲得したり、コンテンツを作りこんで自然にリンクしてもらうことを目指したりする必要があります。

いずれにしても、地道に努力をおこなうことが、SEOによる集客の根幹を担っています。ウェブマスターにとっては頭の痛くなることもあるかもしれませんが、集客のために頭と手を絶えず動かしていきましょう。

もうひとつあげられるのが、ここ最近は多くのネットショップが、つぶやきサイトを利用している傾向があります。
つぶやきサイトの特徴は、150文字以内で自分の言いたいことを表現できる点ですね。そのサイトは、集客方法としては優秀だと考えられているのです。

つぶやきサイトの特徴ですが、若年層です。

比較的年齢が若い方々は、そのサイトに登録している傾向があります。若い方々は、そのサイトを用いて情報を集めようと思っている事も多いのですね。

ですのでネットショップを運営している方々などは、そのサイトに登録している傾向があります。しかもそれで、かなりのアクセス数が集まっている事が多いのですね。購買層が若年者ショップ々などは、つぶやきサイトに登録をしている事も多いです。

ただしそのサイトに登録をするとなると、数が大きなポイントになってきます。できるだけ多くの方々からフォローをしてもらう方が、アクセス数は集まりやすい傾向があるのです。1つの目安としては1万人ですね。

<特別サポート>
マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|内職|ダイエットジムフランチャイズ|GetMoney|サイドビジネス|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|副業ランキング|FXシストレ|アフィリエイト相互リンク|